2006-02-12Loki-GvGレポート

2006-02-12Loki-GvGレポート

 こんにちはー、鷹月ぐみな(アヤラテンフロール)です。
 今日は若干ダイジェストモードでお伝えします。というもの、あやらダンサー側のPCでのSS撮影に失敗して1枚も撮れなかったとか、某イベントの申込書を書いてたとか色々ありまして。

今週の参加状況

 今週からAzureMemoryは、ダンボール同盟の体験同盟となりました。以前このレポで「体験同盟先募集中です」と書いたところ、4同盟から立て続けに依頼を頂きまして、とりあえず採決で一番票の入ったこちらに参加することになったのでした。熱意ある打診をいただいたところもあって、お断り周りするのが若干心苦しかったりしましたが、仕方ないですね。
 ともあれダンボールさんへの参加。ひとまず2週間という予定ですが、その後どうするかは現時点白紙です。

 で、ここの同盟の構成ですが、
MasterSlave
Hresvelgr
Get Backers
AzureMemory(体験)
 このようになりました。Eternal=Pactが色々あって離脱してしまったために(最近よくある同盟間のゴタゴタではないのよん)、今回その穴を埋めるために募集して結果的に私らが入ったわけですが、もしも5Gだったら頭文字がHGAME……ゲフンゲフン。いえ、なんでもありません。
 ダンボール同盟の私的紹介をば少し。盟主的存在はMasterSlave。まあ各Gとも同格同盟という位置づけになっているのでこの表現は若干の語弊があるのかもしれませんが、でもやっぱりMSが同盟の軸だと思います。一方、HresとGetB.はゴスペル同盟出身。特にHresvelgrはゴスペルの再編Gというだけあって、基本人数もなかなか多く、戦力的な軸になっています。元々このHresがダンボールエンブレムを使い始めて、そのノリで同盟全体がこれで統一してしまった、というような流れなんでしょうね。
 ともあれ。Azureもダンボールの一員となったわけで、専用のエンブレムが与えられました。

 ……いや、これじゃなくて。


 これですこれ。
 でもエンブレムにAMと書いてあるらしいのですが、文字が読めませーん(><

 さておき。今週のAzureは17名+お手伝い9名=26人です。お手伝いさんはともかく、基本メンバーが15人越えてるというのがまず嬉しいです。これは私のTrix時代からの懸案でもあり、それどころか10人も満たない状況だったからTrix抜けてこっち来てたわけですから、一つの目標をクリアできたと言えるわけです。

C2防衛戦

 今回の作戦は居城のC2防衛でした。もしも暇防衛になったらEMCもあることだし派兵に行こうというよくあるパターン。防衛を決めた理由はいくつかあるのですが、先週もスタートから天空やらROLやらに攻められて熱かったので、今週も恐らく攻められるだろうという見通しがあったことと、先週はやたら重かった関係で今週は安全策でいこうという気持ちが働いた事などがあげられます。
 もちろん、攻め手のある中で連続防衛をすることによって防衛戦での錬度を上げていこうという見積もりもありました。そうは言ってもrar同盟なんかはL2長期防衛が終了してから崩れていったという実績もあるので、連続防衛が必ずしも強くなることに直結するわけではないのですが。

 さて私はいつものように、あやらダンサーが戦場担当、ぐみなプリが自由に浮かせて偵察役です。最初に書きましたがこの日はあやら側のSS撮影設定が大失敗したので一枚もないので文章メインで書いていきます。

スタート直後
 スタートダッシュで狙ってきたのは、先週に引き続きの天空同盟、それと黒い牙さんたち自称イナゴ同盟の2同盟です。天空は小規模としては人数が多く、イナゴ同盟は単純にEMCギルド複数所持であるということだけでも脅威です。
 まずはスタートダッシュ対策として、C2の1MAP庭の門奥での防衛です。その間にEMC持ちマスタはERへ。EMCを唯一持たないAzureMemoryはとにかくERに直行です。
 で、始まった直後。あやらダンサーは庭に入って……いやはや、画面中敵のエンブレムだらけ! ということで、思わず直後「私を忘れないで」を開始。当然ですが効果はてきめん、次々攻め手の動きは鈍りました。
 適度な所でこれを止めて、門奥にいるはずの防衛網まで急ごうとしましたが、やはり入り口のやたら邪魔なダンサーは消しとけと思う人達は多いようで、さっそくタコ殴りに逢いました。特に今回、天空は四桁包丁を雇っており、彼らは自分らがどこで何をすべきかを心得ている猛者たちです。
 あやらの「私を忘れないで」は効果をあげたとは言ってもこれは失敗でした。死に戻りしてみると、1MAPの門は圧倒的な攻め手によってほどなく壊滅したのみならず、天空同盟中心でまずは1MAPの封鎖隊を作られてしまいました。狙われる狙われる。
 そういうわけで、うちのダンサーは目的地にたどり着くことが困難となってしまいました。合流優先なら、EMC持ちでない限りあまりこの手は使わない方がいいなと思いましたとさ。


 ▲これはスタートダッシュ直後ではなくて20:34のSSなのですが、当初はこの160%位で1MAPを制圧されていました。

序盤戦
 城主のHresはともかく、MSおよびGBのマスタは無事にERまで辿り着きEMC発動。
 うちらAzureですが、今回は前衛PT、後衛PT、お手伝いさんPTの3編成で居たのですが、前衛PTは殆ど全員、後衛PTも2,3人以外全員がER付近に無事に辿り着きます。お手伝いさんPTは、Gv開始の本当に直前で参戦ということになったために作戦書も見ておらず、そのせいで迅速に行動できなかったようで入り口で躓き、あやらダンサーと共に死に戻りオンライン組となりました。来てくれるのは嬉しいですが作戦書くらい読む期間的余裕をもって参戦表明してもらいたいものです。

 さて、あやらが容易に戻れなくなった以上、諦めてぐみなプリで偵察……
 なんてさすがに状況が許しません。危機になっているならともかくね。ここでやるべき事は、C2防衛の手助けあるのみです。


 ▲相手側は1-3MAPに手広く展開しており、こういう状況で突撃するのに有効なのはアスムです。アスムも5になったので漸く堂々とかけられます。
 自分のアヤラだけでなく、ダンボール同盟の死に戻りオンラインな人達にも、気が付けばアスムをかけていきます。
 んであやらはひたすら突撃。はっきり言って敵の防衛網が凄いので合流できる気はしていませんでしたが、それは了解の上で、どっちかというと相手側がカットラインに裂く人数を減らさないために邪魔をしていました。特に包丁エンブが目の仇のように攻撃してきます。一方的に削られるのがシャクなので出血メントルなどを着込んでいました。
 さて、ダンボール vs 天空イナゴのERをめぐる攻防についてですが、直接見ることはついにできなかったので私のレポでは触れません。親方レポあたりを参照してもらえればと思いますが、ともあれ守り手よりも多い人数の攻勢でしたが、いろいろウィークポイントを補強するような対策を講じていたこともあって、危機的状況になることもなく撃退に成功していきます。
 親方日記でロキ落とし狙いの件がちょっと書いてありました。2枚張ってあったのはその通りで、ダンボール側のロキ体制の詳細は書けませんが、ロキ崩し対策については整っていたとは言っておきましょう。
 そのうちイナゴ同盟が攻め断念し、20:49になって天空同盟も攻めを断念し転戦していきました。防衛戦第一ラウンドは勝利となりました。

中盤戦 - GS来襲
 敵の攻め手が退いたので、超特急であやらダンサーをERに送り込ませます。
 C2砦は落ち着き、ぐみなプリにもようやく偵察任務許可が下されました。まあ許可なくてもぼちぼち出かけていましたが。最初は指示されたL1やL2の様子を見て、その後は自由にうろうろと。例によってこのSSは後ほどまとめて。
 Gそれぞれに偵察を出しており、C5砦が何やら「天空が攻めて割ったところだけれど防衛薄い」という報告が出てきたようで、MSおよびGBの2Gが派遣に出されることになりました。私もC5ちょっと見てきたのですが正直ここは向いてないと感じたのですがこれは後述。守り天空、攻め夕暮+ROL。そんな状態で参戦したわけですが、
21:13 xxx: 2MAP GS。派遣程度きました〜10ほどかな
21:15 xxx: GS数50ほど2MAPにたまってます@@
 というわけでGSの派兵がやってきました。この時城主であるHrのマスタはガーディアン再設置をしていたようで、3MAP押さえられたせいで戻れなくなって微妙に困ったことになりました。このあたり哨戒情報の徹底が必要なところですね。
 GSの攻めは上にもあったように50ほど。半数程度の派兵でしょう(ちなみにこの派兵の中に居たかはよく見て居ませんが、幻影†旅団および天上天下はGSの傭兵でした)。
ダンボール側が派兵に出ており薄くなっているのを見ての攻めだと思われますが、数はともあれ質では先の天空やイナゴよりは格上です。それが、ちょっと情報が通ってないときに突かれたものだから、EMCで慌てて回収したといっても若干慌ててしまいました。
 そうはいっても、今回のダンボールの総数も80以上。簡単には崩せるような陣容ではありません。GSは無詠唱待ち→突撃→再集合のオーソドックスなスタイルを使ってきたため、一度集合を耐えた後に逆突撃をかけたりして、相手側の集合を遅らせたりしてみました。
 21:44になって漸くGSは攻めを諦め撤退していきました。

ラスト15分
 暇防衛なら派兵という予定でしたが、こうしてずっと攻められたためにしっかりとした派兵ができないままに残り15分。こうなるとC2は平穏になったとはいえ後できることはレース制圧しかありません。
 AMとGBはL1へ、MSはV5に向かうように指示が出まして、それぞれ頑張りましたが結局レース砦の取得はならずそのまま22:00、GvG終了となりました。

結果と分析


[03]:C2. Hresvelgr     [ダンボール:9]

 防衛成功です。天空やイナゴ、GSの攻めをしのぎました。

 決して防衛体制は120分万全ではなかったのですが、C2-ERの通路を奥に辿り着かせることもなく完封です。素直にこの同盟、戦力はなかなかたいしたものだと思います。
 将来的にこちらに居るかは分かりませんが、ダンボール同盟の将来的な課題は攻めで威力を発揮できるかどうかだと思います。この日は仕方ないにしても、人数およびEMC持ちの数を考えるとダブルを取れる可能性も十分にあるはずの同盟です。
 この日、C5に派兵を出しました(直後にGSが来たのですぐ戻しましたが)。しかしここ、ROL全軍と夕暮全軍と天空全軍がやりあっていたような所でした。しかしC5派兵を決断するにあたって、ROLや夕暮の情報を指揮官が把握していないままでした。また、割れる可能性があったとしてもそのあと防衛できる可能性は異常に低かったと言わなくてはいけないでしょう。派兵は取りやすいか、あるいは相手が諦める可能性のある所を狙うのが筋です。
 たとえばこの時点、幻影Ruinはその時点でB2/L2/L4の3砦防衛体制を行っており、L2はらーめんが攻める気配を見せていました。こういう状況を把握し、L4などに攻めを出してみるなどなど。勿論それがベストとは限らないわけですが、この日の派兵決定プロセスはもう少し改善の余地があるように感じられました。
 もちろん安定して2砦取れるようになるには、総合戦力的に1段2段の拡充が必要にはなるでしょう。しかしC2を安定防衛できる同盟であれば、次はB砦か2砦という狙いになってもおかしくはありません。そして、2砦取るようになったとき、片方に攻めがやってきたときにどれだけの人数がいれば守ることができるかの読み。少なくとも幻影Ruinはどうやらこれを覚え始めたようです。

 まあ、そういった戦術にはEMCが欠かせないわけで、EMC持ってないウチが偉そうに語っちゃまずいかもですね(・・;)。なのでまあ、ギルドとしては必死に頑張ってます。相変わらずマスタはアコですけどね!
 なんか最近、ギルド外の人達からも「ぜひアコでEMCを!」と言われるようになってきましたが(^-^;)。SG一発で落ちるキャラはさすがに非実用的なので…

 なにはともあれ。この日は防衛戦メインでしたが、(少なくともERでずっと防衛戦やってた人達には)楽しかったんじゃないかなと思います。攻めてくれると守り甲斐もあって良いですね(*゚ー゚)♪

ぐみなプリside

 ではここからはぐみなプリの砦遊覧です。最初の1時間近くはずっとC2に居たこともあり、今日は枚数少な目ですが。


 ▲21:01、L2-ER。序盤は穏やかなレースになっていましたが、幻影Ruin、特にこの場合は幻影騎士団が1Gで制圧していました。そして攻め手なし。どうやらこの日、居城のB2を伺う勢力が不在だったようです。熊は分裂し、LWTA3どころかLW自体も解体しました。そのうち落ち着くとは思うのですが、それまでの間のB砦はどこかしら暇な同盟が出てくるような気がします。


 ▲21:06、L4-ER。私は明確に幻影Ruinの情勢を探りにいってました。ここではLOM主体、やはり攻め手なし。するとB2はRuin&RS主体という構成ということになります。見ての通り3砦も取っていると、1つにかけられる人数は少なく、ぐみなプリもこのようにER中段までもぐりこむ位なら容易です。つまり懐が甘くなっているわけなのですが、なぜかあまり攻められてないようで(・・;


 ▲21:12、C5-2MAP奥。ダンボールが派兵として攻め込みはじめたのと同時刻。防衛:ROL 攻め:天空 から、防衛:天空 攻め:夕暮+ROL に変化したところでした。なにやら夕暮のエンブが見慣れない人の絵に…。Utopia of Maskの姿が無く、代わりに「ちゃへ今までありがとう」というギルドで同盟を組んでいました。休止者絡みの企画だったのかな。


 ▲同21:12、C5-3MAP、天空同盟の防衛様子。


 ▲21:34、V1-ER。C2攻めを諦めたイナゴはこっちにやってきていました。


 ▲21:36、B1-庭。(ポタ数の都合から)普段あまり行かないB砦ですが、GSがC2を攻めてきてたので、若干の牽制を兼ねて3回ほど庭に行ってはやられてきました。GSのことだからこの庭のカットラインまで攻めに回すことは有り得ないとは思うのですが、もしそうしたならすぐに中の様子覗きに行きますよという無言の伝言使ができるだけでも良いのでした。


 ▲21:55、L5-3MAP奥。驚くべき事に、既に3砦取っていた幻影RuinはL5にも攻めていました。しかもAMC,Ruin,幻影,LOMとそれぞれのエンブレムを確認できます。それぞれ攻められたら自砦EMC回収しましょとかそんな感じだったんだろうとは思いますが。
 このL5を守っていたのは夕暮同盟。そこを攻めるには人数がちょっと足りない……というのみならず、なんかTM-FA(薔薇残党)と無駄にやりあってました。


 ▲21:56、L5-ER。夕暮同盟CRUNCH-LOOPを体験同盟に迎え、がっちりと守りを固めていました。夕暮の人曰く「実はこれでも1G派兵に出してた」のだとか。まあこの攻め手なら問題あろうはずがないですが、ともあれCLを加えた4Gなら安定しての砦取得ができることでしょう。


 ▲21:58、L1-庭。いまから入ってももう遅い時間帯ですが入っていく面々……。派兵のダンボールやらーめんはともかく、砦取れないままのぱるるやROLの姿も見かけられますね。ROLは抜けたLOMが攻めの軸になっていた印象があるので、積極的過ぎる攻めやらかすとこういう最後にレース頼みということになりがちです。らしい、とは言え個人的には少し今後は心配ではあります。

 今日のぐみなプリ見学タイムはこんなところでした。
 先週ほど重くなかった、というより標準クラスのラグの日だったかな。いつもこうであってほしいものです。

おわりに


 ▲このへんはお約束みたいなもんで。まあ実際はみかん箱だと人入りませんが。

 なにはともあれ。次回のダンボール同盟は攻めか守りかは分かりませんが、体験2週目も楽しめればな〜と思います。

今週のありがとですっ

 ▲ダンボール同盟のベースキャンプにて。


 ▲C2砦前にて。……あ、よく見たら知り合いだ。
 ともあれ、みなさんいつもありがとうございます〜(*ノノ


 大規模同盟も小規模同盟もなんだか騒がしい中ですが、Loki-GvGが楽しくあればと思います。
 また来週皆さまとお会いしたいと思います(*゚ー゚)ノ


Loki-GvGレポート
名前: コメント:
■コメント一覧■ 件数=5 最新100件のみ表示
[名無しさん]: 独立した、といっても中身はそのままほとんどSEだったはず。新規さんの加入は誤差範囲だったかと (2006/02/16 12:35:11)
[名無しさん]: GXはSEの再編ともまた違ったはず。Hassy氏がSEから独立して設立したギルドがGXだったと思われます (2006/02/14 11:06:35)
[ぐみな]: なるなる情報感謝です。そこらへん(特にPSが)あまりよく把握してなかったので… (2006/02/14 00:28:46)
[名無しさん]: 合併と言い切るのはアレかと思い訂正。あまり詳細教えるのもアレなので全略称で。PSの再編であるsmがLVの固定傭兵で、PSの1/3ぐらいが流れてる模様。GXは再編とは名ばかりでメンバーは少数。GBに関してはGSPL時代から変わりなし(人数の変動は誤差範囲)。 (2006/02/14 00:02:58)
[名無しさん]: Hrsはゴスペルの再編ではなくて、正しくはPSとLVの合併?状態。GB・SEはそれぞれ別に歩いてます。先週はSEの再編であるGXがHrの傭兵やってたみたいですが。 (2006/02/14 00:01:05)