2006-03-26Loki-GvGレポート

2006-03-26Loki-GvGレポート

 こんにちはー、鷹月ぐみなです。
 リヒタルパッチからしばらく経ち、色々落ち着いてきた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。私はというと色々忙しくて日常ROライフはあまり満喫できていなかったりします(^^;)。生体DもジュビロスDもまだ1回行ったきり。
 ぼちぼち、かみのモンクも残影取らないと風当たりががが。

 今日は短めのレポートとなります。

今週のAzureMemoryとダンボール同盟

 保持していたV3砦はそれなりに商業値になっていましたが、今週は放棄することになりました。傭兵などは雇わず4Gのみで全軍攻めをやりましょうということになりまして、選んだのはC1のFAST相手。
 相手としては互角。互角という事は防衛有利である以上、難易度はそこそこ高いということです。ともあれ当日を迎えたわけですが、直前になって。

GB「すみませんうちのマスタ、仕事伸びて帰れないようで詰め込みで…」
AM&MS&Hr「な、なんだってー !!」

 1G欠けは最近定番の出来事のような気もしますね(・・;
 こうして今週もEMC持ちは3Gということになりました。GBは先週同様にAzureMemoryに収容ということになりました。私は今日は指揮GではなかったのでまったりとしたGvGを過ごそうかな〜とか思っていたのですが、こうなるとあまりテキトーな動きもできません。その上、気が付けばポタ子への説明役とかポタ子PT管理とかも頼まれてしまい(ここ数週連続)、今日はぐみなプリは偵察行動は行わないことにしました
 なお気になったので開始直前に各G毎の接続人数合計を確かめてみたのですが、LokiWikiに書かれているような80人なんて全然いってませんね。後からぽつぽつ増えるにしても、2PCを抜いた実数でいったら70行ってるか怪しいところだし、開始時に至っては60人くらいしか居ないようです。防衛はそこそこ得意という評価は頂いていてもこれだと要職が不足になっていたりとか、それなりな穴が出てきそうで不安ですね。

C1攻城戦



 ▲20:05、C1-2MAP奥。攻め勢力として幻影らーめんとかぶりました。
 今回の攻めは1-1でやってみたい、という流れがあったので指揮側は早くも嫌気ムードに。一応幻影とは共闘を結ぶも一度突撃したところで20:11にベース帰還指示が出てしまいました。


 ▲20:11、C1-3MAPのFASTの防衛風景。ベースに戻る事になったので中の様子だけ撮っておくことに。
 というわけでC1攻城戦は成功失敗以前の話で、単に戦線を変更したという感じですか。

C5攻城戦

 攻め先はC5となりました。ぴょ〜ん星人が取っていたところに〒 ぱるる 〒が攻め落とした直後のことです。そして行ってみると、


 ▲20:19、C5-ER。ぱるるだから当然のような気はしますが既にもぬけの殻でした。無血占領となります。(できれば1-1での)攻めをしたいという企画だったにしてはいきなり本末転倒しています。転戦先に偵察3箇所頼んだところで攻められそうな砦がここしかなかったのが理由だとか。
 20:23になって、ぱるるがC5に戻ってきました。C5ということで定番の3MAP防衛ですが、インティミを超警戒ということでERも阿修羅多めにして体制を整えます。
 20:27、C5にCATAが現れました。数は40以上。派兵のようです。
 先に攻めていたぱるるは、レーサーのぴょーん星人と攻め手同士でやりあっていましたが、CATAはしばらく入口にカットラインを23人ほど配置し、結果的にぱるるの除去モードに入りました。


 ▲20:34、C5入口のCATAカットライン。カットラインですらこれだけ居るわけですから、なかなか本格的な陣容での攻めのようです。
 そういうわけでぱるるが封殺されたのち、CATAの突撃フェーズが始まりました。非常に早いテンポによる連続突撃です。


 ▲20:58、何度目かの突撃終了後の3MAPの様子。
 正直、PAならともかくCATAの派兵くらいなら大丈夫だろうと高をくくっていた面があったのですが、突撃ごとに3MAPラインが予想以上に削られていきます。この日はロキの出が悪かったせいもありましたが、それにしても気になるくらい脆さがありました。
 CATA側も当然それを感じ取れるわけで、「これはいける!」と意気はますます軒昂し突撃を繰り返してきます。私を含めた3GのEMCマスタは健在ではありましたが、肝心の3MAPの崩され方が酷く、そのうち3MAP-WP入口を制圧されてしまいました。


 ▲21:05、C5-2MAP奥、CATA突撃準備状況。この日のCATAは人数多かったですね。


 ▲21:22、C5-3MAPライン完全崩壊。やむ無く一度リセットを図ることになりました。各EMCマスタは帰還し砦前にて待機します。

C5防衛 - 後半戦


<21:23:58> 砦 [Chung-Rim Guild 5]を [MasterSlave] ギルドが占領しました

 リセット。ここからが肝要です。


 ▲21:25、MS&AMはマスタは無事に相手側より早く3MAPに着きEMC即発動しますが、Hrマスタは連続鯖キャン。
 CATA側もこの時ぐずぐずしており、一時的に助かった感はありますが、すぐまた同じように突撃を再開し、2度目の3MAP崩壊は先ほどよりも非常に早かったです。

「3MAPもうだめだー」
「ERでEMCするしかない」

 非常に厳しい状況ですが、ERでの平地戦に入っていきます。


 ▲21:41、C5-ER。このSSではよく見えませんが、WP入口付近で激闘が展開されていきます。ここで、今日の指揮官は「死に戻りはB4に逆撃をかけよう」と指示を出します。
 しかしこの日、B砦は企画的にノーマークであり、全員のポタ子および全Gの指定取得ポタにB砦は全く入っていません。実行に移されるまでにかなりのタイムラグがありました。
 逆撃の結果、相手は1GだけEMC回収を行ったようです。しかしこの時情報が錯綜し、指揮官は「C5は絶望的」と判断して「C5諦めて全軍B4に移動」という指示が飛びます。しかしB4の状況は決して良いものでなかった上にC5のERは逆に一度盛り返します。

 で、逆撃先のB4ですが、しっかり防衛体制が整えられていたようでした。C5盛り返したということで、全軍転戦がキャンセルされて再度C5死守モードに戻りますが、この戦力分散はやはり致命的でした。


 ▲21:48、制圧される間際のエンペ周囲。エンペ殴っていたアサクロはかみのマスタの阿修羅で落としはしましたが風前の灯。ここから10分も耐えられるわけもなく、C5を諦める事になりました。

 残り10分では攻められそうな所なんてレースくらいしかありません。それでC3に行きましたが結局落とせずに22:00、GvG終了となりました。

結果と分析

 落とされた時間が最悪で、ダンボール同盟は初の宿無しとなってしまいました。
 何がまずかったのか?

 思ったよりも人が少ない回で3G状況である上、防衛に数のいるC5を選んでしまった事や、攻め手のCATAが今週は人数が多かった事(実際これはかなりの要因。65は来てたかと)なども背景に挙げられますが、外的要因はともあれ内的要因として3MAP防衛の弱さが敗因であったと考えます。あまりこういう比較はよろしくないのですが、らーめん全軍やPA派兵、セレ派兵が攻めてきていたら更に早く崩されていたんじゃないかとも思います。
 なんでそこまで脆かったのかというと、ロキの不発が酷かったこともありましたが、そういう状況でWP入口に大魔法があまりかかっておらず(WIZ1−2人しか居ない)、直線奥の崖上にWIZが3-4人居るという配置がNGのようでした。各砦を見学に行ってる身なのでよく分かりますが、最近はこの崖上にWIZを多く配置するような勢力は他のどこにもありません。
 そんなわけで3MAPの入口は当然のように突撃されれば占領されてしまうわけです。敵のセージが突撃途中に簡単に入り込んで、ノーマーク状態でLP敷けるような状況で、これで3MAPを守れるはずがありません。ぐみなプリも3MAP-WPに置いて角っこに注意払いつつセージ粘着に徹していたのですが、どうしようもありませんでした。
 ER平地戦になってからも紆余曲折ありましたが、まあ、3MAPを崩されるという時点でもう結果は見えていたかもしれません。大手相手に陽動仕掛けるのはリスクが伴いますし、その前に敵の戦力を調べておく必要がありますね……。

結論――ダンボール同盟はC5防衛配置が慣れていなかった(下手だった)

 戦況が不利になってきた時に、ぐみなプリで取れそうな砦の偵察もしたかったのですが、私のモンクの画面内に常時CATAのエンブが見えるような状況で、EMCも含めてうまく立ち回らなくてはいけなかったのでそれどころではありませんでした。そしてこういうときにありがちなことですが、他の面々も偵察に行っている人は皆無でした。このような局面だからこそ、各地の砦の状況をチェックしなければいけないのですが……。

 ま、今回の宿無しは良い勉強になると思います。
 宿無しは残念でしたが、なかなか2時間ハラハラドキドキGvGでもありました。かみのモンクも阿修羅で戦力として活躍するようになってきましたし、その点はよきかな。

追記:
 CATA側は元から数多いのに、さらに傭兵50人ほど雇っていた模様。こちらが認知していた以上に数の差があったかもしれません。

終わりに

 この日は他砦に行っていませんので見学レポートはありません。
 なお、この日のAzureMemoryの参加者は14人でした。実はいまウチのメンバ総数は15人でして、驚異的な参加率で持ちこたえているのですが、多忙云々でさらに少なくなりそうです。参加が10人位になるようでは正直、4G同盟の一角を担うには相応しくないと思いますので、色々考えなくてはいけないなと思っています。そういうわけで先週はGM募集を強化しようと思っていたのですが、ポタ子募集チャット出してるだけで一週間が終わってしまいました。外交は私が一手に担っているわけですが、これ分担できないとマズいですね。
 というわけで、AzureMemoryは引き続き、新メンバーさん絶賛募集中です><


 ではまた来週お会いしましょうー。


Loki-GvGレポート
名前: コメント:
■コメント一覧■ 件数=2 最新100件のみ表示
[ぐみな]: ある程度の人数は揃えていないとどうしても脆くなりますからね。どこもそれぞれ大変そうです(・・; (2006/03/30 01:01:09)
[名無しさん]: この時期はどこも人数の減少が激しいですよね。そこを傭兵で雇うところも多いようですけど、同盟自体の実際の人数ではないと考えるといかんせん小・中規模は厳しいものですよね。かという自同盟も新学期新生活に向けて引退休止している人も多いので困ったものです(;´ω`) (2006/03/29 23:01:13)