2006-05-28Loki-GvGレポート

2006-05-28Loki-GvGレポート

 こんにちは、鷹月ぐみなです。今日は前フリなしでいきなり本題へ。

今週のAzureMemory

 今回、AzureMemoryはPOWERに雇われる事になりました。
 POWERはADPKをするために活動しているGv臨時受け皿ギルドです。……なんて書くと少々語弊がありまして。
「POWERではルールを守った上で、ゲームの仕様を最大限に活用して、楽しみ方を追求していきたい」(POWERのサイトより)

 この一環としてADPKが含まれると言ったところになるでしょうか。もちろんADPKがPOWERにとって内外色んな意味でのアクセントになっているのは確かだと思いますけれど。
 ADPKについて私の見解も一応触れておくことにしますが、ルール的には問題はありません。ゲームデザイン的に、やりたければやっていいよという作りになっており、明確にノーマナーと規定されているMPK等とは一線を画します(※1)。
 とはいえ、普段ADを使う人達はキャラ育成のために狩りに来ているのであって、PKされてデスペナを食らえば溜まったものではありません。よってこれを行うギルドは活躍すればするほど、嫌われ者になりやすいというのは避けられないところです。
 AzureMemoryの面々は1人を除いてADPKには興味がないこともあり、その目的で今回雇われたわけではなくて、単に今回一番楽しめそうだったからこちらに雇われることになりました。
 POWERは普段は雇うという行動は取らずに、へ協や暫定のように参加者を募るという形を取っています。要するに今回は大っぴらに動いてみたいという、POWERにおける祭り企画のようでした。

※1:ADにおけるMPKは個人的にはPKの一手段として許容される面があるんじゃないかな等と思って居たりします。けれども一律、MPKは禁止と規定されているがゆえに駄目なものは駄目なわけです。

参加ギルド一覧
POWER
Cartoon_Heroes
Edge of Soul
AzureMemory
Begierde.
四桁包丁板前衆
+個人参加
 果たして、今回の勢力は以上のようになりました。最終的に55人強だったでしょうか。四桁には連絡がうまくいっておらず、当日昼になってようやく参戦が決まったりとか直前でいろいろゴタゴタしましたが(・・;
 今日のAzureMemoryは同盟枠を貰っての参戦となりました。つまりCaminoArtモンクの出番ということです。

前半戦 - B5攻城戦

 祭り企画ということもあり、スタート狙いは……なんとセレのB5砦
 セレは神器を無事に作り終えた事もあり放棄の可能性もと囁かれていましたが、普通に防衛からの開始のようでした。
 B5は二手に入口があるので、最初はその両方から侵入を図るという事になりました。
 西入口について言えば、AzureMemoryは入口でカットラインを形成し、POWER本体(CHにEdgeOfSoulを収容)が各マスターを守りながら進軍という流れだったのですが、


 ▲20:01、B5-庭。一緒に進むべき味方ドコー?
 要するにそれだけセレ側の人数が最初から多かったということでして、とてもスタートダッシュからラインを崩しつつ進軍できるような状況ではありませんでした。
 さらに言うと重すぎる。この時間帯、B3で4B vs ADPKなどという戦いが繰り広げられていた事もあって、まともに動ける状態ではありませんでした。「相手も条件は一緒だから頑張ろう〜」と激励が下るわけですが、こういう状況では、

防衛有利
WIZ有利
ダンサー有利

 なわけで。この日のPOWER勢は、WIZが3人程度にダンサー1人居るかいないかという寂しい状況でした。これは厳しい。


 ▲20:05、B5-庭やや奥。残影で突破を図るも……いや、これは無理ですって。
 相手のラインの押上げを狙いましたがうまくいかず、それなら相手がこの防衛配置にいるうちに、北入口のほうから雪崩こんでみようということになりました。


 ▲20:20、B5-北庭。しかし結局単に戦線が微妙に移動しただけで状況に大差なく、押し込めないままでした。
 これは駄目ですね、ということになって20:24、B5からの撤退指示が下りました。

前半戦2 - C4攻城戦

 転戦先は4Bの守るC4でした。4Bは4割近くが派兵に出かけており、その隙を突いた形となります。


 ▲20:28、C4-L字地点。4B側も必死に大魔法を展開し、初撃は食い止められてしまいました。そのうち入口から4Bの派兵軍が全部戻ってきて、入口のカットラインを敷いていなかったこともあり挟み撃ちに逢います。
 こりゃまずいね、ということでBegierde.中心で入口にカットラインを敷く事にして、なんとかL字を切り崩そうとします。


 ▲20:41、同L字。しかし切り崩しどころか、L字の入口をまともに突破することができません。そうこうしているうちに、アスリィなんとかいう謎の単体ギルドがやってきました。よく分からないままでしたが、少なくとも傭兵ギルドOverの面々が入っていた模様。最初は4Bの援護と思っていたのですがそうではないようで、一応共闘体制にはなったのですが、大魔法の被害を受けまくりで助力とはかなり言いがたい状態(・・;
 これに加えて、


 ▲20:44、ベースキャンプ。4Bに攻めた時間帯あたりからベースキャンプは度々枝テロの狙い撃ちに逢い、どうにも万全で攻める体制にはならないまま膠着状態になります。(無論テロに4Bは関係あるはずもないですが、時間帯はちょうど重なってしまいまして)
 そんな折、どこからか、
B4にセレが攻めていてB5が手薄になっている」と情報が入ってきました。その時ぐみなプリはB3を見ていたのですが、セレが40↑の数でB3の3MAPに攻めていました。「いや、B3じゃないの? まさか両方攻めなんてことは……」と突っ込みをいれたわけですが、ともあれ、B5が薄くなってるならリターンマッチあるのみと、C4から撤退し即B5に戻る事になりました。

中盤戦以降 - 再度のB5

 B5に再侵攻開始したのは20:55のこと。


 ▲20:57、B5-庭。庭はガラガラだとは聞いていましたが、さすがにそんなことはなく、最低限Aのエンブのセレがすぐに防衛配置についていました。けれどまあ、先ほどのような通過不可能な弾幕ではありません。こうなれば残影の出番ということで、スルスルっとね。


 ▲21:01、B5-2MAP。何とか庭を突破しEMCをかけるも10人くらいしか呼べないわけでひとまず2MAPをかき回します。そのうちに庭の敵の防衛ラインが3MAPに引いたようなので2MAPにひとまず陣を張ります。


 ▲21:24、B5-3MAP奥。一気に行ければ良かったのですが、こちらの各Gの集合がうまくいかず、ギルド毎にバラバラにEMC回収しつつ敵の前線と小突きあいをするというチマチマした争いになり、ようやくこの時間になって3MAP奥までラインの押しあげに成功しました。相手は全軍でERに引っ込みます。

 いよいよERWPの攻略。と行きたいところでしたが21:30、残り時間が30分を切りました。そうはいっても突撃はもちろんさせます。
 B5のERは、入口から3方向に分かれている欠陥構造になっています。
どこか薄いところに一点集中で突撃すれば抜けることもできそうだ
 事前の読みはそんな感じでしたが、いざER内に入ってみると……


 ▲21:34、B5-ER。

 ごめん、こんなの無理だから!
 というわけで転戦です転戦。

終盤戦 - C5砦

 転戦先はC5砦でした。夕暮同盟が砦を確保しており、攻め手は無しのようでした。
 当たる相手としてはそれなりに現実的ではあります。ただしこの日の夕暮には少なくともFoundationが雇われていましたが。

 「らーめん、2MAPでEMC発動」

 えー!


 ▲21:38、C5-3MAP。そういうわけで、攻め手はPOWERにらーめん、それと墨谷や境内などのレーサーも混じって、一気に3MAPに攻め込みます。防衛の夕暮は正直ここの3MAPを守るに足る構成になっていないようでかなり脆く、防衛ラインが崩れた後は早々ERに退いてしまいます。


 ▲21:43、C5-ER。そのERも早々入口の防衛戦が崩れ、ご覧の通りの乱戦。

<21:44:02> 砦 [Chung-Rim Guild 5]を [四桁包丁板前衆] ギルドが占領しました
<21:48:10> 砦 [Chung-Rim Guild 5]を [まったりぽたけっと支部] ギルドが占領しました

 四桁がエンペ横まで来れたので、パキーンと割ったはいいものの、その後の復帰が自軍より相手側の方が多かった模様。ERはらーめんが優勢になっていましたが割り返しに成功したのは夕暮同盟。


 ▲21:56、C5-ER。私が再度ERにたどり着いてEMCした時はこんな具合。らーめんがここで割り勝ちかなと思いきや、画面に見えない部分に夕暮の人達がそれなりに残っており、EMC補充しつつ大魔法をバンバン飛ばしまくり、らーめんを削っていきます。

 結局このまま、POWERもらーめんもエンペを割ることができずに時間切れとなりました。

結果と分析


[戦績]

× B5/セレ攻め : 庭防衛を崩せず失敗
× C4/4B攻め : L字防衛を崩せず失敗
× B5/再度のセレ攻め : ERまで追い込むことに成功するも攻略失敗
× C5/夕暮攻め : 乱戦になり一度は同盟で割るも守りきれず攻略失敗

 残念ながら、POWERは宿無しという結果で終わってしまいました。結果的に役に立てずに申し訳ない気持ちです。
 で、以下この日の反省&分析となります。POWERのギルマスさんから「祭り勢力だから云々じゃなくて、普通の同盟行動の観点からどうだったか厳しくレポに書いて欲しい」とじきじき要請があったので、思ったことをそのまま書いてみることにします。

分析 - B5攻め1回目
 入口が二つあり、両方の入口を押さえている間に本隊が各EMCマスタを守りながら進軍。狙いは理解できるわけですが、入口をカットするために必要な職がいないうえ、進軍する本隊の人数もセレの人数と比べるとあまりに少なく、散らされてしまい初撃は失敗に終わりました。この戦術を取るには厳しかったと思えます。
 そのあと入口を変えて相手の防衛網の隙を突くという手に出ましたがこれは良い策とは思えませんでした。西入口メインで突入していた際の敵前線は既に両入口からの合流地点かその奥にあったわけで、わざわざ一時撤退している間に相手側を完全な防衛配置につかせてしまいかえってラインを引き戻されることに。さらに、北入口から攻めた場合は西ルートよりも、安全地帯で叫ぶ敵ダンサーによる被害が酷かったため、にっちもさっちもいかなくなってしまいました。
 また、WP戦ではなく庭での平地戦で、数と数で押す消耗戦で重要とされるのは範囲攻撃であり、それに向いたWIZが不足していたため、意図したようにラインを上げることがとうとうできませんでした。

分析 - C4攻め
 攻め込んだタイミングはかなり良かったと思います。入口とL字にそれぞれ20人くらいの防衛が割かれていたとはいえ、前衛本隊勢力が派兵に出ている最中だったわけで薄くなっており、L字さえ有る程度抜けてしまえばこちらのものでした。ここでのミスは、初撃で庭カットラインを置かなかったためにすぐに相手の派兵部隊が戻ってこれてしまったことが挙げられますが、最初の一撃でL字の敵の無力化がほとんど達成できなかったのが何より痛かったです。
 敵前衛に戻られてしまってからは、先ほど同様それを効率よく殲滅するための職不足のせいで、ラインの押し上げがまったく進まず、ベーステロなどの影響もあって攻略が進まず、そのうちに転戦となりました。もっとも、これは無理だと判断しての転戦ではなくて、B5に隙が見えたからB5にリターンマッチを仕掛けようという流れだったわけですが。
 なお、B5やC4というチョイスそのものについてはどうなのかという点ですが、せっかくの祭りということで、終盤にでもならない限り60↓の小規模を攻める気はどうやらなかったようですね。なので選定についてはそういうものだ、として理解はできるのですが、肝心の行き先の砦の配置情報をあまり意識に入れないうちに行き先だけが決まってしまっていたような気が少々しました。

分析 - B5攻め2回目
 庭は確かに薄くなっており突破できたところまでは良かったのですが、2MAPでまとまることもせずにバラバラに戦っていた感じがしました。結果的には敵をERに篭らせることまでは成功したものの、だいぶ時間を使ってしまいました。セレ側が分散して守っていたからというのもありますが、だからこそ戦力を集中して押し上げを図るべきだったなと。あとはまぁ、乱戦だからといってEMCマスタは優先して守って欲しいなとかちょっと思ったりもしました。近くに味方がいるのに、狙われている中で逃げていても引き剥がしをあまりやってくれなかった感が。あとは、先行した日記でニアさんが書いていたように敵ガーディアンをちゃんと倒しましょうとかそんな感じ。
 まあ二度目のB5については普通にラインを上げていく正攻法で、この数の差でセレに勝てるとは正直思えなかったし、あのERを見てしまえばやる気をくじくのに十分だったわけですが、指揮の人も厳しいということは最初から分かった上で攻めてたわけで(・・;

分析 - C5攻め
 30分を切っていた段階で、きちんとした勢力が守っている砦に攻め入るわけですから、宿無しも覚悟はしていました。思った以上に防衛網が薄くてあっさり四桁で割れちゃったわけですが、その時に砦前に戻る判断がちょっと遅れたのが私としてのミスでした。ただ、戻らない方がいいという局面もありうるわけで、こればっかりは中々難しいところです。
 C5はそもそも防衛しにくい砦ですし、今日の構成的に3MAPで守れるわけもなく、らーめんが来てしまった時点でさらに厳しいなぁとは感じましたが、かといって他砦の様子を見に行く余裕は私にも無かったわけで。狙いどころさえ間違えなければどこかの砦を確保して防衛に入り、砦獲得で終わる可能性は十分にあった人数だったと思いますが(特に四桁はそういう状況下では獅子奮迅の働きをする)、そのためにはB5からの撤退時間はやや遅かった。
 まあ、遅かったからこそセレはいつものように指定席のC3にも行けず、B3をADPK同盟の手から奪うこともできなかったわけで、指揮の人の隠れた目的はいくつか達成することができていたようです。これについては私から書くべき事でもない気がするので、POWERの人のレポでも楽しみにしていましょうということで。

総評
 POWERの人の指揮はそれなりに落ち着いていたし、事前から事後の流れも非常にスムースに行われていました。なるほど、人数と職さえ揃っていれば普通に同盟の指揮官として成果を残せる方のようでした。今日については色々無謀だっただけといいますか(^^;
 ただ、EMCキャラを動かしつつ指揮を行うには若干厳しそうにも見えました。状況把握や突入の指示を出してる間に阿修羅くらったりしてたようですし。

 結果は残念なものに終わってしまいましたが、平時のGvの2倍の経費を使うくらい熱い平地戦が多く、うちのギルメンはそれなりに楽しい2時間を過ごせたと言っていました。また機会があったらPOWERさんには協力できればと思います。

あと個人的なところ
 残影を取ったはいいものの活かす機会が無かったのでこの日は絶好の実践チャンスとなりました。やっぱりラグの状況下では思うようには動いてくれませんね。
 大体使いどころは慣れたので、あとは強行突破にも耐えられるようにVIT上げ、あるいは気弾発生速度を上げるためにDEX上げをしていかなくちゃいけせんねーと。

その他

 この日はCaminoモンクをメインPCで動かし、かつ攻めに必死だったこともあり、ぐみなプリはまともな砦見学はできませんでした。3MAP奥で待機してじっくりとしたER攻略モードになりでもすれば多少手が空くので、その間に見学やら偵察も出せるのですが、この日はそういう状況が殆どなかったのでした。というわけでそういうレポートを期待している人はまた次回よろしくということで(*゚ー゚;


 ▲20:40、B3前にて。


 ▲こちらはGv直前に亀D1に行ったときに。

 皆さまいつもありがとうございます〜(*ノノ

終わりに
 来週もとりあえず傭兵です。その後はどうするかなあ。考え中。
 あと一応……AzureMemoryは新人さん募集しています。特にWIZ&プリさん大歓迎です。Gvの日だけ参加という形態もアリなので、アクセスお待ちしています。

 ではまた来週お会いしましょう(*゚ー゚)ノ


Loki-GvGレポート
名前: コメント:
■コメント一覧■ 件数=0 最新100件のみ表示