2006-10-15LokiGvGレポート

2006-10-15LokiGvGレポート

 鷹月ぐみなです。
 すみません、色々と時間がなくて今回は概要だけで済ませちゃいます(>_<

今週のAzureMemory

 先週に引き続き、AbiLd同盟さんのお世話になることに。同盟の正式名称聞いておけば良かった(・・;

Abismo
Loddfafnir
AzureMemory
- 神 風 -
Foundation → Abismoに詰込
Neu Schicksal → Loddfafnir に詰め込み

 同盟構成は以上の通り(太字は同盟枠G)。先週のMIRAGEが神風に変わった他は同じ顔ぶれとも言えます。
 AMの参加者は8名。2PC運用が多いせいで見た目だけはもう少し充実してたり(^-^;

概要レポ(短くてごめんなさいっ)

 前所持砦のC5はあっさり放棄。まあ昨今C5を防衛開始する勢力は殆ど居ませんね。
 スタートダッシュはL5砦。天空がここ取ってる以上はたぶん守ってくるだろうという予測でした。攻め被りはADPK同盟。天空側の防衛ラインが整わないうちにさっさと攻め陣営は3MAP奥まで到達。ADPKが先に割った後、次は天空側に取り返されます。そんな三つ巴の状況が続いていたのですが、諦めたというより共闘なしの三つ巴を嫌がったという理由のほうだと思いますが、指揮官が転戦指示を出しました。
 続いての攻め先はL2砦。防衛は正式名称も決まったらしいCROWN同盟。攻め込みはじめたら、セレの派兵(1G程度)もちょうど入ってきました。こちらとはスムースに共闘を結びまして突撃……といったのですが、先ほどのL5以上に固い防衛ラインが展開されていました。L2は他の砦より攻め削りの効率が悪いですからねえ。正直ここは、AbiLdの規模ではずっと攻めても落とせる気はしなかったです。ので、転戦。
 3箇所目はV4砦青空同盟が守っていました。数30くらい。これはいけるね、と思っていたのですがPAK同盟が入ってきていました。共闘か排除かで迷ったようですが、自分の同盟だけでも落とせる相手に共闘する必要はないということで排除の方針が決まり、しばし3MAPで野戦展開。制圧したりされたり。青空同盟側はのほほんと待っているだけ。
 しばらくしてPAK側が撤退。よしいよいよV4攻められるね! と思ったところで3MAPに急にわらわら現れたのはFAST同盟。今度は3MAP奥でFASTと乱戦になります。正直ここと野戦するのは消耗戦以外の何物でもない。一度制圧して制圧されたところで、AbiLd同盟の半数は「C1空っぽになったらしいよ」という情報を受けて移動。でもそのC1にはすぐにADPKが入ってきて失敗したようです。んで、やっぱりV4に集中することに。
 FASTとは排除の関係にありつつも、一応それぞれER突撃するという不思議な体制になり、ある回でFASTを3MAP奥から一時的に駆逐成功したAbiLd同盟がERに突撃し、これはかなりうまくいきまして、ER内で乱戦に。
 一応AbiかLdで割るという方針があったので、うちらAMは周りのサポートをしていたのですが、後からドカドカとERになだれ込んできたFASTの方が数が多く、V4を競り割られてしまいました。これが21:42。
 一応取り返そうとしたのですが、すでに防衛体制が築かれており「こりゃ無理かなー」と2回突撃したところでレース砦への転戦指示が下されました。実はこの時ERかなり削れており余裕でER奥に突っ込めたという事実があったのですが、残念かな転戦指示が出てしまっていた
(ただEMCで召集後、後衛もそれなりに突撃しての結果だったため、残った人達だけでかき回すのが成功したかというと結構微妙なところです。でも可能性が0というわけでもなかった)
 最終的なレース砦はV5。ですがまぁ、レーサーに勝つのはさすがに難しいか。境内に取られてそのまま終了となりました。

結果と分析

 残念ながら宿無しの結果です。一度も防衛に入ることなく攻めは野戦だらけで、その結果もいずれも良い結果になりませんでした。今週は運が悪かった、という言い方もできますが、同盟全体的に統制がちょっと不足している感があります。指揮官の人間は必死に頑張ってるのですが、もうちょっと回りが積極的にサポートしてあげないと、うまく機能しないんじゃないかなと。人数がいれば数で押し切れますが、そこまで余裕もない規模だからこそ、そういった努力が求められるものです。
 野戦は消耗激しいので、最後どこか取りたかったですねえ……残念。

 ということで今回はSSも無しで淡白になってしまいましたが以上にて。
 また来週お会いしましょう(*゚ー゚)ノ


Loki-GvGレポート