2007-09-09Loki-GvGレポート

2007-09-09Loki-GvGレポート


インデックス

はじめに

 こんにちはの鷹月ぐみなです。
 猛暑は折り返しに入ったのかな? この時期はいつも(一人暮らしなのに)電気代が1万円を余裕でオーバーするという状況で月の生活費のやりくりが大変です。

今週のRALF同盟

 C帖がちょっと値上がって来まして、カツカツでやりくりしてる同盟にはほんのり嬉しいところ。しかしRALFは前週は残念ながらの宿無しでした。
 というわけで今回は攻めからのスタートとなります。同盟構成ですが、

Astrum Orbis
Ragnarok Force
Loki's reverie
煌-sumeragi-

 ちょっと変わりましたね。いやだいぶ違うか。

 Loki's reverieはAngelicBlessingの別Gっぽいです。煌-sumeragi-はRALFの知りあいづてで参加してみるという話がまとまりまして、将来的にどうなるかは分かりませんがとりあえず体験傭兵という形での参加となります(体験同盟というほど話がまとまってるようにも見えないので)。母体の"皇"はGvギルドではありませんから、出てみたい人だけ参加するという流れのようです。
 ともあれ今までは傭兵という形でも4G目を入れなかったRALFにとって、待望の戦力強化です。この日は65人くらいの勢力になったでしょうか。

Digest Timeline:


PM20:02
 前回攻め切れなかった渡鳥にリベンジを予定していましたが、渡鳥同盟はL5放棄のV1攻め。他によさげな攻め先も見当たらず、とりあえず空のL2を抑えておこうとスタート2分してから移動開始。
PM20:03
 あらびっくり天上Hunnibal同盟(正式名称知らない)がER防衛してました。勿論喜んで攻めることに。
PM20:06
 V1砦の混戦を嫌気したらしい渡鳥がL2参戦。前回の宿敵だからもちろん共闘無視で乱戦、などという不毛な事はせずに共闘締結。
PM20:10
 交互突撃開始。
PM20:12
 相手EMC補充のタイミングが悪くそこを攻め込む。LPが出てWP地点防衛崩壊。
PM20:16
<20:16:13> 砦 [Luina Guild 2]を [硝化の風] ギルドが占領しました
 渡鳥側が割り合いに競り勝ちます。今度は天上Hunが攻め側となります。
PM20:21
 渡鳥相手に突撃開始。
PM20:27
 DesertEagleが現れ3MAP奥の攻め準備陣に喜んで攻撃してきます。ぱしりGも来訪。
PM20:33
 LPが出て一気に突撃。相手後衛陣が壊滅しER内乱戦モードに。渡鳥側もラインを奥に下げて防戦。
PM20:39
<20:39:20> 砦 [Luina Guild 2]を [Loki's reverie] ギルドが占領しました
 ABで割ることに成功します。天上Hunは転戦、ほどなく渡鳥側も転戦。
 その後はスニークやDesertEagleの相手をちょこっとしながらも暇防衛に。
PM20:57
 CROWN全軍来襲。先に来ていたBlueCross(単体?)を排除しつつ3M奥に。数65位。で、早速突撃を開始してきます。
PM21:05
 RALF側のWIZ陣が半崩壊。何とかその時の突撃は一旦除去しますがガタガタ状態に。CROWN側も一度3Mで再突撃体制を整えます。
PM21:19
 L2ERWP完全崩壊。RALF側はラインを下げ、階段付近に陣を構えますが意気軒昂とするCROWN側がどんどん押し上げていきます。以下ずっとGv終了までER内乱戦となります。
PM21:38
 AstrumOrbisは敢えて入口側でEMCし、ラインを上げてくるCROWN側を挟撃。一進一退の攻防。


 ▲21:45、L2-ER。CROWN側がもっとも押し込めたシーン。このSSだけ見ると結構やばそうにも見えますが中には入り込ませませんでした。ほどなくロキ晩が後ろから追い込み撃退していきます。

PM21:49
 天空同盟の派兵35人ほどが来襲するも、ライン前でCROWN側と大魔法やら雷鳥スキルで同士討ち気味に。
PM21:57
 CROWN撤退(残り3分で転戦できるわけもないからマスタは少し前に移動してたのでしょうね)。
PM22:00
 Gv終了。L2防衛成功。

結果と分析

[●]:L2. Loki's reverie  [RALF: 1]   ≪元:ヘイムダル暫定協同組合

 結果表的には何て事のない1砦獲得ですが、CROWN全軍の攻撃を1時間受け続け、かなりの時間を乱戦に割くも一度も割られることなく防衛成功。RALF同盟結成以来の実績的成果と言えます。
 乱戦の中ではエンペ近くまで殺到されたりもしましたが、中心部分には単騎で入り込まれた程度であり、激しい乱戦ではありましたがもうダメかも!という局面は案外ありませんでした。AXが2回くらいエンペに近づいた程度かな(一人はシナチクロス)。
 まあ、そうは言っても一方的に押し返せるような状況も殆ど無く、お互いEMC補充の応戦でした。戦力は殆ど拮抗しており、CROWN側も引くに引けずそのまま攻め続けたのでしょう(CROWNの結果は宿無し)。

 RALF側としての反省点はロキが崩壊したわけでもなかったのに3度目くらいの突撃で崩されてしまった所。(一部ではCROWN側がジークやってきたという話もありますがこちらは未確認)
 大魔法の圧力が少々弱かったか、あるいは魂が掛かりきっていなかったのか、ヒットストップする前衛陣が少なかったのか、どうなんでしょうね。

 しかし乱戦になってからの今日のRALFはホント違っていました。いつもはロキ晩のEMCは布陣に影響がありすぎるため無闇に使えなかったのですが、スメラギの参加により人数的なバランスが取れるようになり、挟み撃ちのためのEMCをしてもその隙に乗じて押されることもなくなりました。一言で言えば肉太な戦術が取れるようになったということです。今回はほんと密度の濃いGvで大満足です。経費は相当酷いことになったでしょうけれど(・・;

 ラスト10分の天空の派兵については、一瞬焦ったものの「もしCROWNに負けることがあっても天空に美味しい所取りだけはされてはなるものか」と燃え立ちました(笑)。

おまけ

 21:08、CROWNが再度突撃のため3M奥準備中。このチャンスを逃してはなるものか(☆∀☆)キラリン!







 そんなわけで15発くらいぶっ放してきました。CROWN側は物珍しさに様子を見てたり悠長にシールドブーメランをイクラに投げてたりしてましたね。即座にケミを狙い撃ちされるのが一番の弱点なんですが(普段はトマホーク装備してて盾持ってないですし…)、ちょっと引いてくれれば逆にしめたもの。12x12の範囲は凶悪なのです。

 ただやっぱり、爆弾連打特攻するにはDEXが全然足りないですね。相手が溜まっている場所が把握できる場合、誘爆狙いで1発目が動き出したら着地点付近(敵のどまん中ではないに)に移動しておき、2発目3発目を召還だけしておくのがいいのかもしれません。最高にうまくいけば12,000ダメージ飛ぶのでLKパラ以外全滅しますし。
 勿論これをやる場合自分自身のHP管理も気をつけないといけませんが。火鎧(火75%減)溶接(火10%減)だけじゃ連爆モードの時に結構痛いことが判明。火肩(30%カット)かV盾(火20%減少)か火頭(レイルオブマイc)のいずれかを追加装備する必要があるっぽいです。

 爆弾練習できる局面が意外に少ないので(※)、今後も少ない機会を見つけて錬度を上げていこうと思います。

※味方の一群を吹っ飛ばすような状況ではとても使えませんし、関係ない勢力相手に爆弾ぶちかますのはさすがに迷惑もいい所ですしね。

終わりに

 やはり60人越える戦力がいると攻めにも守りにも味が出て良いです。来週も煌に来てもらえるとありがたいなー。

 そんな次回ですが、仕事が忙しくてヘロヘロの参加になってる可能性があります。最悪のシナリオは日曜出勤なんですがこれは何とか回避したいところ……。

 それではまた来週お会いしましょう(*゚ー゚)ノ


Loki-GvGレポート
名前: コメント:
■コメント一覧■ 件数=0 最新100件のみ表示