2007-10-13Loki-GvGレポート

2007-10-13Loki-GvGレポート


インデックス

はじめに

 こんにちはの鷹月ぐみなです。
 久しぶりに風邪引きました。今のところ風邪薬服用で症状は落ち着いてますが、だいぶ流行っているらしいので皆様も気をつけましょう。

今週のRALF同盟

 前回の四空同盟は単発企画でしたからもちろん今週のAzureMemoryはロキ晩に戻ってRALF同盟での活動でした。

Astrum Orbis
Loki's reverie
Ragnarok Force
AzureMemory 臨戦・ロキ用(`・ω・´)シャキーン

 いつもの3G+ロキAM構成です。煌-sumeragi-は今週は不参加。煌についてはまだしばらくは不定期雇用の固定傭兵という関係となるでしょう。

 さて今回は攻めと決まったのですが、テーマが付与されました。
攻城(攻めね)をうまく成功させるには?」。
 ざっと4+1つの方法があります。

1:パワープレイ
2:急襲・EREMC(奇襲、テコン、チェイス)
3:ロキを粉砕しWP制圧後進軍
4:相手後衛の無力化
5:その他特殊な方法(ジーク等)

 今回の着目は4。この無力化の方法は「4-a:ダンサー陣による連打スクリームでの相手後衛除去」と「4-b:相手WIZの除去」と分かれます。ダンサーの少ないRALFには前者は期待できませんので後者となりますが、そのための方法として有効なのはもちろんカイトをかけての突撃が挙げられます。
 しかし、今日びカイト突撃なんて当たり前の事ですからWIZ陣は多少なりの水晶のかけらの備蓄を持ってきています。多少なりは。では、カイト戦術で徹底的に消耗させていけば、すぐさま底を付いて大変なことになるのでは? ということで今回は砦外でカイトをかけるチームを編成することになりました。
 要するにアスムEMC突撃と似たようなパターンですが、アスムはサーバ移動しても持続するのに対してカイトはゲームサーバをまたがると消えてしまうために砦外を使うことになります。

ダイジェストレポート

 開始前に攻め先を模索しましたがここだ、という場所は見つからず。
 ようやく1分前に攻め先の指示が出ます。

 20:01L3砦攻め。守り:天空、攻め:CROWN+RALF。共闘は早々に締結されます。CROWNは普通に突撃で、RALFはカイト戦術での突撃に。
 20:12、攻められる天空に対して共生同盟が発動され、GRMからの援軍が25名ちょいやってきます。3M奥は共闘の都合上大魔法やスクリームが禁止となっており、硬いPA系の前衛にもぐりこまれてBDSくらったりと中々に嫌らしい。それでも攻め手の数の方が多いこともありうまく封鎖していきます。
 20:24、CROWNの突撃+RALFのカイト戦術が効いたか、天空の防衛陣が崩れ気味に。
 20:28、天空がEMC発動し後衛を復活させるものの陣形が少し崩れたまま。
 20:30、突撃によってWP周囲が崩壊。以下CROWNがメインで攻め込み、後ろからRALFがCROWNを殴らないような形で進軍。
 20:40、1段目・2段目をRALF/CROWNが制圧。じりじり天空の防衛ゾーンを押し上げていきます。GRMは本城がどうやらHDROMに攻められたようで撤退したため押せ押せムードです。
 20:45、いいところで黒麺がドカドカと来襲。
 20:57、黒麺がER超優勢となるも、最終的に割ったのはアルマ亭。

 開始からすごく重く、どこが割ったにしろ転戦と決めていたようでここで転戦指示が出ます。行き先は緩やかなレース模様になっていたC1砦

 21:01、特に勢力のいないC1の制圧を完了。
 この後は防衛しつつ派兵〜という準備があったようですが、困った事に全くと言っていいほどお客さん無し。かくして、
 21:24、C1放棄してL4砦に転戦の指示。
 ポタ取りが遅れているようで、業を煮やして私が取ってきてポタ出し。21:28にようやく移動開始に。L4を守っていたのはMS星振る+体験のRadiance。Radianceの中にどこかのギルドが入っていたのか人数は結構おり60人規模の同盟でERガチガチ防衛をしていました。攻め手としてはADPKやFairyNightがいたようですが、RALFがやってきた前後に転戦していったようです。
 21:40、2度ほど突撃した所で渡り鳥が登場。共闘を結びます。
 21:50、多少WP入口を削ることに成功し若干混戦模様に。
 21:57、WP入口防衛網を崩壊。しかし残り3分では…

 ということで、ERWPを崩した所でGv終了となってしまいましたとさ。

結果と分析

 残念ながら今週のRALFは宿無しとなってしまいました。

 L4はER内の防衛状況からしてカイトでWIZ削って攻略するには最低45分くらい必要だったと思います。正直なところ最初の3分でこれは無理だなと私は判断し、偵察をまわすように進言してから自身も偵察モードに入っていたのですが、指揮官は転戦する気はなかったようでした。だからまあ、なるべくしてなった宿無しということで結果は特別残念でもありませんでした。
 まあしかし……転戦先の選定ミスだったかな。あるいは移動が遅すぎたか。

カイト作戦の結果
 カイト戦術はなるほど今でもそれなりに有効だなと、WIZが死んでいく様を見て思いました。時としておざなりになるカイト掛けですが、相手後衛の無力化にしっかり寄与していることは再確認できたわけで、それは今日の成果と言えます。
 ただし、今回のようにカイト頼りにしてしまうと回転率が下がりますし、それでWIZを削ったとしても攻めタイミングが遅ければあっさりEMC補充されますし、敵前衛を削っているわけでもないのでWIZを倒したからといってその後突撃しても消耗戦モードとなるわけで、どうしても攻城は長期戦になってしまいます。
 「相手WIZを反射で倒せればラッキーで、単なる2回分の魔法無効壁」と割り切り、突撃の回転サイクルを阻害しない程度にかけるに留めたほうがやはり現実的なのかもしれませんね。

その他1:攻めモンクは前衛、守りモンクは後衛
 この日のかみのモンクは攻め時においては臨戦役だったのですが、臨戦態勢した後でぼーっと待ってるんだったら突撃してもいいじゃんと。で、ちょっと思いついたこと。
 せっかくモンク→金剛持ちなんだから金剛突撃ってどうなのかなと。
 昔からWP突撃の一手段ではありましたが、V盾属性鎧レジポのおかげで耐久力がさらにUPしているわけでして。
 そんなわけで試してみましたが、予想以上にガチガチでした。風鎧だったのですがSGとLOVとかヒットストップすらしてないんじゃないかと錯覚するくらいに敵防衛網をものともせずに前進できて面白かったです。

 まあ、抜けたからといってスキルもアイテムも使えないわけで、せいぜい相手後衛陣をぽこんぽこんと殴るくらいしかできないわけですが。無駄に生き延びたい人にはお薦めです。実際は状態異常鎧着て前進するスタイルの方が攻めに貢献してそうですけれどね。無敵化したつもりで敵前衛ゾーンを下手に越えると阿修羅とかADSであっさり死ぬとかディスペルとか食らうのがオチなので。でも囮としては使えるかもとは思いました。

その他2:ロキ雷鳥
 この日は防衛戦の機会がなかったのでロキ雷鳥が活躍する機会はありませんでしたが、RALF同盟が発足してから実は1度しか雷鳥2組を作れた事がなく、その雷鳥要員にしても9割方はAzureMemoryの面々で毎回供出しているという状況はさすがに気になってきました。非協力的、というと言いすぎなのは分かっていますが、同盟としては少々おざなりにしすぎなんじゃないかと思います。各ギルドごとに攻めて1人くらいは交代でも良いので出してもらいたいかなあ、、と毎回会議でも言ってるのですけれどね。どうも皆様腰が重いようで。(会議に参加する面々は大抵外したくない要職を抱えてたりするせいもあるのでしょうけれど)

 というわけで現状RALFの弱点はロキ雷鳥なのです、と敢えてこの場で暴露することで、ロキ雷鳥が増える事を期待してみます。

終わりに

 ペインスがいよいよ来週の火曜日にやってきます。
 カード実装以外は全般的に小ぶりのパッチという印象があるのですがさてどうなることやら。ノクシャスは言うまでもないとしても、案外Gvに革命を起こす何かが眠っているかもしれません。むふふ(?)

 なお私は来週の月曜日まで仕事に追われて大変な状況だったりします。今週はそんなわけでROの接続は殆どできないのでした。本当はアビスとか棚狩りとかしたいんですけどね (´;ω;`)
 ではまた次回お会いしましょう〜。(*゚ー゚)ノ


TopPage
名前: コメント:
■コメント一覧■ 件数=0 最新100件のみ表示