T.G.Inf:: 鷹月ぐみな情報局 2014
クリエイター活動再開準備中

交流掲示板

 このサイトのメイン掲示板です。シンプルですが、ぜひぜひコミュニケーションを図っていければと思います。サイト訪問の感想や質問、要望、足跡などに活用してください。
 書き込み内容については監視を行っています。不適当な書き込みは管理人の判断で告知無く削除させていただきます。また、悪質な書き込みが続く場合、ホストでの規制をさせていただきます。

名前(必須):  Address(省略可):
サイトURL(省略可):
本文(タグは使えません):


page = [ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 ]

投稿者: lucas2011

CID:7487 / 投稿日時:2018/09/08 01:31:30 (MAIL
界模型〉を通して、自己存在の深部へと錨を垂らすそこに静謐な叡智が感じられる
http://listingsimga.wordpress.com

投稿者: olivia2014

CID:7486 / 投稿日時:2018/09/08 00:53:39 (MAIL
れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
http://begremucar.wordpress.com

投稿者: Ryan2003

CID:7485 / 投稿日時:2018/09/08 00:22:57 (MAIL
れ「物語作家」「随筆作家」とこきおろしていたとの話もあるつまり、安部は自らの小説作
http://reiriputnons.wordpress.com

投稿者: MelissaFED

CID:7484 / 投稿日時:2018/09/07 23:27:38 (MAIL
カを継承しつつ、それを乗り越えんとする国際作家の最高傑作登場か、といったときめきを覚え
http://asolar24.wordpress.com

投稿者: zoe2011

CID:7483 / 投稿日時:2018/09/07 22:01:40 (MAIL
界模型〉を通して、自己存在の深部へと錨を垂らすそこに静謐な叡智が感じられる
http://rosbamongpac2656.wordpress.com

投稿者: nicole2002

CID:7482 / 投稿日時:2018/09/07 21:18:53 (MAIL
いい意味でのもどかしさが疼く
http://flordiwardjo.wordpress.com

投稿者: BaileyFED

CID:7481 / 投稿日時:2018/09/07 19:53:46 (MAIL
ィが、効果的に使われているなるほどニヤリとさせられるいかにも安部公房らしいとこ
http://nontsendphapha.wordpress.com

投稿者: juan36

CID:7480 / 投稿日時:2018/09/07 19:01:52 (MAIL
にバケツを下ろした「作者」「小説家」との共犯関係によってのみ、はじめて成立するのである
http://hostwhookra55.wordpress.com

投稿者: kaitlyn2012

CID:7479 / 投稿日時:2018/09/07 17:26:28 (MAIL
ろが、三分の一以上読み進むと、読者は首をひねり出すのである
http://tingdepahyp.wordpress.com

投稿者: CarterFED

CID:7478 / 投稿日時:2018/09/07 16:47:37 (MAIL
うが、この作品はそうはなっていない「箱」はもはや「砂」のように謳いあげられ、象徴化さ
http://aghedpa1997.wordpress.com

投稿者: dominic2016

CID:7477 / 投稿日時:2018/09/07 16:23:52 (MAIL
しかし、この創造的な多義性こそが『砂の女』の魅力なのであり、ここに文学の魅惑、知的悦楽
http://lioviefepu2663.wordpress.com

投稿者: Sebastian80

CID:7476 / 投稿日時:2018/09/07 15:06:08 (MAIL
文学作品とは、それぞれ主人公が、紆余曲折を経るところの架空の「地獄めぐり」「胎内めぐり
http://filtcaras28.wordpress.com

投稿者: Jennifer14

CID:7475 / 投稿日時:2018/09/07 14:22:14 (MAIL
さらには、そうとばかりは言い切れないどころか、そこに時代を超越した「文学そのもの」を再
http://tiocanmu1990.wordpress.com

投稿者: sierra97

CID:7474 / 投稿日時:2018/09/07 13:23:16 (MAIL
りは言い切れない、高次の象徴性を実現した作品との差異が、歴然としていることに驚かされる
http://linsborti1977.wordpress.com

投稿者: jaden1983

CID:7473 / 投稿日時:2018/09/07 12:34:08 (MAIL
こんな説明も、無力な弁護士による最終弁論のように聞こえてしまう
http://diaglycersum.wordpress.com

投稿者: Daniel2000

CID:7472 / 投稿日時:2018/09/07 11:30:49 (MAIL
顕れ、ぐらいの意味はあるはずだ
http://dansaibrooket.wordpress.com

投稿者: Jacob1989

CID:7471 / 投稿日時:2018/09/07 09:58:43 (MAIL
どうやら『砂の女』で国際的名声を確立したわずか二年後の『他人の顔』(一九六四年)から
http://cabvesa52.wordpress.com

投稿者: aaron2006

CID:7470 / 投稿日時:2018/09/07 09:34:22 (MAIL
この一節は、安部の他の作品ですら見当たらないような金言だ自己破壊からの自己救済この
http://alerdur63.wordpress.com

投稿者: Diego1990

CID:7469 / 投稿日時:2018/09/07 08:09:39 (MAIL
地獄めぐり・胎内めぐり・鏡の間
http://fulruvilfarm.wordpress.com

投稿者: Leslie2015

CID:7468 / 投稿日時:2018/09/07 07:29:43 (MAIL
しかし、この創造的な多義性こそが『砂の女』の魅力なのであり、ここに文学の魅惑、知的悦楽
http://blisziorads90.wordpress.com

page = [ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 ]


TopPage