Gumiki::Official Site
大小さまざまな規模のWebサイトをブラウザ上から容易に構築できるCMSシステム"Gumiki"の公式サイトです

ログ解析ガイド

 Gumikiのワールドトップ画面には「ログデータ管理」という項目があります。Gumikiでは各種ログを保存できますが、このログについてのごく簡単な解析機能をサポートしています。
 ログの解説、解析情報およびログの設置方法について以下述べていきます。

アクセスログ

 任意のページに設置します。(#accesslog 命令)
 そのページに誰かがアクセスした場合にそのhost情報と日時を記録するものです。
 「アクセスログ解析」では、hostでグループ化し、5回以上のアクセスがあるものの一覧を抽出します。要するにサイトのリピーターさんを調べる事ができます。
 設置後長期に放置するとかなり巨大なログになりますので、このログの管理には注意してください。

カウンターログ

 任意のページに設置します。(#accesscounter 命令)
 「カウンター解析」では、ページごとのアクセスカウンター数を表示します。

逆リンクログ

 任意のページに設置します。(#writerefer 命令)
 このページにアクセスがあった場合、呼び出し元(リファラ)のアドレスを記録するものです。
 「逆リンク解析」では、リファラ毎の呼び出し回数を表示してくれます。リストは日時降順で表示されます。

CoolFeedログ

 任意のページに設置します。(#coolbutton 命令)
 Web拍手ライクなCoolFeedログデータを閲覧できます。
 「CoolFeedログ解析」では、過去1ヵ月半くらいの、日時毎CoolFeed呼び出し回数および、CoolFeedに寄せられたコメントの一覧が表示されます。

ログデータの消去

 ログはそのうち溜まっていきますから、適度な所でログファイルを保存したのち、Web上のログデータはそれぞれリセットしてしまうことをお薦めします。
 "削除固定PASS"(削除キー)を入力のち、"〜ログ削除"を押すことでこのログファイルの中身をまっさらにできます。このPASSは、edgumiki.cgi に記述されています。

[edgumiki.cgi] 内16行目
$deletePassword = "*****"; #レルムやログを削除するためのパス。cgi設置者のみ操作できるようにしている。

 必要時、ここを書き換えて運用してください。


トピックガイド